未分類 Archive

  • 勉強をしてから住宅ローンを組みましょう

    基本的な知識を身に付けてから住宅ローンを組む事が大切なので、積極的に勉強をしましょう。
    勉強をするのであれば、セミナーに参加するのが理想的です。
    多くの情報を得る事ができるセミナーは、勉強をする際にはオススメとなっています。
    人気のセミナーだとすぐに予約でいっぱいになるので、早めに連絡をする必要があります。
    住宅ローンの特徴は、借り入れ期間が長い事が挙げられます。
    そのため、返済計画を立てる時には職員の方と時間をかけて話し合いをする事が大事です。
    利用者の収入に応じた最適の返済計画をアドバイスしてくれます。
    意見を参考にしながら住宅ローンを組めば、無理なく返済を続ける事が可能です。
    住宅ローンを組む事により税金面において優遇されるという利点があります。
    そのため、しっかりと申請をする事が大事であり、これが出費を抑える為の秘訣となっています。
    住居を買う時には、中古物件がオススメです。
    中古物件だと値段が比較的安価なので、気軽に買う事ができます。
    築年数が新しい中古物件であれば、建物の劣化が少ないので気持ちよく暮らす事ができます。
    住宅ローンを組んだら無駄遣いを慎み、返済に集中することが重要となっております。
    そうすれば、問題なく支払えます。

    勉強をしてから住宅ローンを組みましょう はコメントを受け付けていません。
  • 住宅ローンの借入額を水増しできる?

    住宅ローンはこれから購入する予定の建売住宅や、新たに新築する注文住宅の資金を得るために、金融機関などに申し込むことで融資を受けられるローンです。
    基本的に住宅に関わるお金を目的とした借入となるため、工務店の見積書や売買契約書などを提出して融資額を算出します。
    しかし、住宅ローンで家が購入できたとしても、その後の資金が尽きてしまうため、自動車ローンの頭金や家電などを購入するためのお金を手に入れるために水増ししてどうになできないかと考える人もいます。
    こうしたやり方をオーバーローンと呼びますが、実際にできるかどうかで言えば可能となっています。
    実際にやっている人もいますし、勧めるような工務店や金融機関の担当者などもいます。
    ただし、融資側は水増しした金額を出すつもりはないので、見つかれば大変なことになるのは分かりきったことです。また、水増しするには契約書などを改竄することになるため、私文書偽造の罪に問われる可能性もあるので注意しましょう。
    住宅ローンは低金利のため、その他のローンで組むよりも返済がしやすくなるのは確かですが、実は返済期間が非常に長くなるため、金利との兼ね合いで計算すると高額な返済額となるため、自動車ローンを別に組んだほうがお得になります。

    住宅ローンの借入額を水増しできる? はコメントを受け付けていません。
  • 住宅ローンにはいくつのか目安があります

    住宅ローンには借りるときにどうすればよいのかをよく考えるべきです。
    これは貸してくれる金額を知ることも重要ではありますが、自分の分限を把握するのも大事、と言うわけです。
    それこそが大きなポイントであり、失敗しないコツでもあります。
    具体的にはいくつかの目安があります。まず、目安として年収の五倍と言うのがあります。
    年収が500万円であれば、大凡2500万円が目安であるといえます。
    これが重要な指標の一つになりますから、よく覚えておくべきです。
    そこまで小難しいことではありませんから、心配するような点ではないです。
    自分の年収を把握して、五倍すればよいだけです。
    しかし、まず、そもそも貸してくれるのか、というポイントがあります。
    一言に年収が500万円といっても職業が違います。それにもいくらかの目安があります。
    具体的に住宅ローンを組めるようにするには、まずは安定性が大事になります。
    住宅ローンは極めて長い借り入れになりますから、安定した収入である事が条件です。
    例えば公務員などは評価が高いです。
    逆に自営業者などは同じ年収であっても、評価が低くなります。
    それはよく理解して、出来るだけ妥当な金額を借りるようにするべきです。

    住宅ローンにはいくつのか目安があります はコメントを受け付けていません。
  • 住宅ローンの本審査に関する基礎知識について!

    住宅ローンを利用する場合事前審査と本審査があり、この二つの審査に通過して初めて住宅ローンの融資を受けることが出来ます。
    本審査は事前審査よりも審査が厳しく、たとえ事前審査が問題なく通過しても本審査で落とされることも珍しくありません。
    では本審査はどのような審査なのかというと、保証会社による審査になります。
    保証会社とは万が一支払いが出来なくなった場合に債務者に代わり債権者にお金を払う会社のとこで、簡単に言うと連帯保証人の役目を持ちます。
    その為万が一支払いが出来なくなった場合、被害が大きい保証会社の審査は、金融機関が行う事前審査に比べて、どうしても厳しい審査になってしまう傾向にあるのです。
    次に必要書類ですが申込書・本人確認が出来る書類・住民票・印鑑証明・収入や勤続年数を確認できる書類・物件に関する書類・団体信用生命保険などの申込書などになります。
    ただ必要書類は金融機関によって違いがある場合もあるので、事前にしっかり確認しましょう。
    一つでも書類がそろっていないと審査がどんどん遅れて行く為、必要書類は事前に準備しておくとスムーズです。
    審査機関は1週間~10日程度が多いですが、長い場合だと1カ月以上かかることもあります。
    住宅ローンの本審査は審査は事前審査に比べると、必要書類も多く審査にも時間がかかることも多い為、早めに進めていくことをお勧めします。

    住宅ローンの本審査に関する基礎知識について! はコメントを受け付けていません。
  • マンション売却には減価償却も考慮される

    マンション売却を行う際には、減価償却を考慮して、その価格を差し引いた金額を持って査定額とするのが通例です。マンションなどの不動産物件は購入してからもずっと一定の価値を保ち続けているわけではなく、建物の劣化や老朽化に経年による変化などが確実に現れます。
    不動産業界では、このような減価償却の率を一定して定めているので、マンション売却を行う際には、年数分の償却額が引かれることとなります。
    この金額はマンションの購入額よりマイナスになることはなく、最低価格がついた場合でも、その土地の所有権や居住権などを売ればある程度の金額になります。
    マンション売却では新築時のような価値が付くことはあまりありませんから、ある程度は値引きした値段で買い取られるということを把握しておけば、減価償却された価格にも納得出来ることでしょう。
    地価の高い場所や高騰している場所の場合には、マンションの本体価格よりもその所有権などが高くなるので、満足の行く価格となるケースもあります。
    これからマンション売却をされる方は、そのマンションの築年数などを考えて、減価償却の価格がどれくらいになるのか、シミュレーションして計算するのも良いでしょう。

    マンション売却には減価償却も考慮される はコメントを受け付けていません。
  • 住宅ローンの名義変更と必要な費用について

    離婚やリストラ等何らかの理由で、不動産の名義変更をする夫婦や親子が増えています。
    名義変更自体はさほど難しい事ではないですが、不動産に住宅ローンが残っている場合ローンを利用している金融会社に必ず承認を得る必要があります。
    これはローンを契約する際の条項にも示してあり、勝手な名義変更は違反と見なされ最悪一括返済を求められる可能性もあります。
    そうならない様金融機関に承認を得るのですが、その際次の名義人は住宅ローンを支払えるのか、何故名義を変えたのか等審査をされます。
    更に余裕があれば費用はかかりますが、税理士に相談すると良いです。
    金融機関は主にローン返済や次の債務者の返済能力についての話が主ですが、税理士だと他に借り換えや残りの住宅ローンを現金で支払う等様々な手段を視野に入れた上で債務者に一番有利な方法を教えてくれます。
    更に司法書士にも、同時に依頼しておけば安心です。
    司法書士は基本的に名義変更業務のみを行うので、時間の余裕のある内に数社を比較して一番費用が安い事務所を見つけておくと良いです。
    基本的に登記の大半は費用名義変更にかかる税金なので、それ以外にかかる司法書士の報酬が変わってきます。
    なので登記の費用をあらかじめ知っておくと、司法書士の相場が分かります。

    住宅ローンの名義変更と必要な費用について はコメントを受け付けていません。
  • 目黒区でのマンション売却についてです

    治安が良くて安心して暮らせる地域は、目黒区となっています。
    さらに、目黒区は商店街やスーパーも充実しており買い出しをする際には便利な地域です。
    快適に暮らせる条件が揃っている目黒区は、幅広い世代に渡って支持を得ています。
    マンションであれば販売価格が安いので、低収入の方であっても気軽に買う事が可能です。
    もしも、購入した物件が古くなった場合には、マンション売却をする必要があります。
    マンション売却をする時は、不動産業者と契約を交わします。
    マンション売却をする為の基本的な知識があれば、スムーズに契約を交わせます。
    買取価格については、立地条件や築年数など色々な条件によって算出されます。
    目黒区はマンションの需要が多いので、比較的高値で買い取ってくれる傾向にあります。
    売る側にとっては魅力的です。
    築年数が新しくて老朽化が少ない物件は需要が非常に多く、当然のように高値となります。
    柱などが傷付いていると買取価格が下がる恐れがあるので、生活をする際には細心の注意を払う事が重要です。
    買取価格に納得をしたら、不動産業者に売ります。
    マンションを売ったら指定した口座にお金が振り込まれるので、必ず確認をするようにしましょう。

    目黒区でのマンション売却についてです はコメントを受け付けていません。
  • 住宅ローンを延滞するとどうなる?

    住宅ローンは金融機関である債権者と、申込者である債務者との信用によって融資が行われており、返済が延滞されれば債権者は速やかに適切な処置をとるようになります。
    基本的に1ヶ月程度の延滞なら、金融機関も鬼ではないので、納め忘れだろうということで何もせず見守ってくれることがほとんどです。
    しかし、長期にわたって延滞が続く場合や、支払いが完全に止まるようなことがあれば、返済をするように督促状などの通知が自宅に届くようになります。
    この時に連絡をして返済計画をしっかりと説明できれば問題ありませんが、連絡もなく3~5ヶ月も放置すると、「起源の利益の喪失通知」が届くようになります。
    この通知は住宅ローンにおける契約を違反したため、分割払いの利益を失い、一括で返済しなくてはいけないという意味のものです。
    この通知書が届くと、債権者との話し合いはすでに無効となり、これから分割払いで払っていくので許して下さいと言っても取り合ってもらえません。
    次に住宅ローンの債務が金融機関から保証会社に移り、このまま一括で支払いがなければ、裁判所を通じてマイホームを競売にかけられるようになります。
    最後に裁判所から不動産競売通知が届くと、マイホームの登記簿には差押登記がされるため、売ることもできずに競売を待つしかなくなります。
    延滞をすると大変な問題に発展するので、事情があれば銀行に話をするなど対処するようにしましょう。

    住宅ローンを延滞するとどうなる? はコメントを受け付けていません。
  • 住宅ローンを使いたければ公共料金の滞納は絶対にNG

    住宅ローンの審査では、電気代滞納歴があると不利になる可能性があります。
    電力会社に支払う電気料金や、ガス会社に支払うガス料金、あるいは通信会社に支払う携帯電話料金などを滞納した経験がある人は要注意です。
    住宅ローン審査では、借りる人のクレジットカードの滞納歴やキャッシングの滞納歴などをチェックするためです。
    電気料金をクレジットカードで毎月支払っている人が、電気代滞納をしてしまうと信用情報機関にその履歴が残ってしまいます。
    また、銀行口座から直接引き落としをしている場合に電気代滞納をしても、そのことは銀行に知られてしまいます。
    したがって、将来銀行の住宅ローンを利用するつもりの人は、クレジットカードや公共料金の自動引き落としで、残高不足による滞納が起こらないように気をつける必要があるのです。
    ついうっかりして、銀行口座の残高不足にならないようにするためには、総合口座の当座借越サービスを利用するという方法があります。
    総合口座の当座借越サービスとは、口座引落しのときに口座の残高が不足していると、銀行から自動的にお金を借りて料金を支払ってくれるサービスのことです。
    この特約を結んでおけば、不注意による残高不足を防ぐことができます。

    住宅ローンを使いたければ公共料金の滞納は絶対にNG はコメントを受け付けていません。
  • 住宅ローンで10年固定金利がよいのは

    住宅ローンは金利形態がいくつかあります。
    一つが固定金利であり、二つ目が、変動金利です。
    大凡、固定金利のほうがリスクが低いですから、お勧め出来る要素が多いです。
    固定金利といっても、年数があります。
    ずっと固定されるわけではないです。
    よくあるのが、10年固定になります。
    これならばそこまで極端に長いわけではなく、それでもある程度は長く計画を立てやすくなります。
    10年固定金利が一つの指標になりますから、覚えておくと良いでしょう。
    住宅ローンは一生をかけて支払うことになる借金であるといえます。
    そして、借りる金額も相当に高いですから、どうしても金利によって大きく違いが出てくる可能性があります。
    それは非常に大変であるといえますから、リスクが計りがたい変動金利よりも10年固定金利にしたほうがよいことが多いわけです。
    住宅ローンは借り換えることも不可能ではないです。
    金利の相場が大きく変わってきたのであれば、別に固定された金利で借りているとしても他所のところに借り換えれば良いだけの話ですから、実は特にデメリットがないといえます。
    そうした意味では非常にお得なのが固定されている金利になります。
    但し、借りるときは変動金利よりも高い事が多いです。

    住宅ローンで10年固定金利がよいのは はコメントを受け付けていません。