住宅ローンは金利形態がいくつかあります。
一つが固定金利であり、二つ目が、変動金利です。
大凡、固定金利のほうがリスクが低いですから、お勧め出来る要素が多いです。
固定金利といっても、年数があります。
ずっと固定されるわけではないです。
よくあるのが、10年固定になります。
これならばそこまで極端に長いわけではなく、それでもある程度は長く計画を立てやすくなります。
10年固定金利が一つの指標になりますから、覚えておくと良いでしょう。
住宅ローンは一生をかけて支払うことになる借金であるといえます。
そして、借りる金額も相当に高いですから、どうしても金利によって大きく違いが出てくる可能性があります。
それは非常に大変であるといえますから、リスクが計りがたい変動金利よりも10年固定金利にしたほうがよいことが多いわけです。
住宅ローンは借り換えることも不可能ではないです。
金利の相場が大きく変わってきたのであれば、別に固定された金利で借りているとしても他所のところに借り換えれば良いだけの話ですから、実は特にデメリットがないといえます。
そうした意味では非常にお得なのが固定されている金利になります。
但し、借りるときは変動金利よりも高い事が多いです。