住宅ローンはこれから購入する予定の建売住宅や、新たに新築する注文住宅の資金を得るために、金融機関などに申し込むことで融資を受けられるローンです。
基本的に住宅に関わるお金を目的とした借入となるため、工務店の見積書や売買契約書などを提出して融資額を算出します。
しかし、住宅ローンで家が購入できたとしても、その後の資金が尽きてしまうため、自動車ローンの頭金や家電などを購入するためのお金を手に入れるために水増ししてどうになできないかと考える人もいます。
こうしたやり方をオーバーローンと呼びますが、実際にできるかどうかで言えば可能となっています。
実際にやっている人もいますし、勧めるような工務店や金融機関の担当者などもいます。
ただし、融資側は水増しした金額を出すつもりはないので、見つかれば大変なことになるのは分かりきったことです。また、水増しするには契約書などを改竄することになるため、私文書偽造の罪に問われる可能性もあるので注意しましょう。
住宅ローンは低金利のため、その他のローンで組むよりも返済がしやすくなるのは確かですが、実は返済期間が非常に長くなるため、金利との兼ね合いで計算すると高額な返済額となるため、自動車ローンを別に組んだほうがお得になります。