住宅ローンは金融機関である債権者と、申込者である債務者との信用によって融資が行われており、返済が延滞されれば債権者は速やかに適切な処置をとるようになります。
基本的に1ヶ月程度の延滞なら、金融機関も鬼ではないので、納め忘れだろうということで何もせず見守ってくれることがほとんどです。
しかし、長期にわたって延滞が続く場合や、支払いが完全に止まるようなことがあれば、返済をするように督促状などの通知が自宅に届くようになります。
この時に連絡をして返済計画をしっかりと説明できれば問題ありませんが、連絡もなく3~5ヶ月も放置すると、「起源の利益の喪失通知」が届くようになります。
この通知は住宅ローンにおける契約を違反したため、分割払いの利益を失い、一括で返済しなくてはいけないという意味のものです。
この通知書が届くと、債権者との話し合いはすでに無効となり、これから分割払いで払っていくので許して下さいと言っても取り合ってもらえません。
次に住宅ローンの債務が金融機関から保証会社に移り、このまま一括で支払いがなければ、裁判所を通じてマイホームを競売にかけられるようになります。
最後に裁判所から不動産競売通知が届くと、マイホームの登記簿には差押登記がされるため、売ることもできずに競売を待つしかなくなります。
延滞をすると大変な問題に発展するので、事情があれば銀行に話をするなど対処するようにしましょう。